犬や猫が食べてはいけない食べ物ってなに?

屋内飼育が一般的になり人間とペットの生活空間はますます密接になっています。
犬や猫などを飼っているご家庭では種類に応じたペットフードなど専用のフードを与えているのが多いのではないでしょうか。
最近では栄養バランスが取れていて、原材料も厳選して香料や保存料や着色料なども無添加の「プレミアムフード」やおやつ類も各メーカーから販売されています。
形状もドライフードはもちろん、高齢になっても食べやすいウエットタイプなど種類も豊富です。

他方で人間とペットの生活環境が近くなったことで人間の食べ物を犬や猫などが口にする可能性も高くなっています。
しかし人間にとって安全な食べ物であれば、何を与えても安全というわけではなく、人間の食べ物のなかには犬や猫の健康を脅かし時には生命に危険を与えるものも存在しています。
犬や猫には栄養バランスの取れた無添加のペットフードしか与えていない御家庭でも決して、人間の食べ物をペットが口にしないとは言い切れません。
飼い主の知らぬ間に人間の食べ物を口にしている可能性があるばかりでなく、おやつには子供のおやつの残りの食べ物を与えるということはよくあります。
そこでペットの健康に危険を及ぼす人間の食べ物の概要を確認しておきましょう。

玉ねぎ危険度が高い人間の食べ物ではたまねぎがあります。
たまねぎに含まれる物質のなかには赤血球を破壊する作用を持つものが含まれています。
赤血球は全身の細胞に酸素を供給する機能を担っているので摂取量によっては生命の危険の可能性も否定できません。
たまねぎの形がなくなっているカレーなどにもエキスが含まれるので注意が必要です。
特に猫にとっての危険性が高いとされています。

チョコレートやカカオ類などに含まれるデオブロミンという物質には中枢神経を刺激する作用があり、痙攣や心拍数の増加や不整脈を引き起こすことがあります。
ビターチョコレートはカカオの含有量が高いので犬にとっても猫にとっても危険です。

葡萄やそれをドライにしたレーズンなどもペットに有害性が指摘されており、腎不全を引き起こすことがあるとされています。
ただ症状の程度には個体差があり因果関係などは不明な部分があります。

アワビやサザエなどの貝類は猫には有害とされています。
「アワビを食べると耳が落ちる」などの言葉もあるほどです。
意外な食べ物では焼いていない食パンなども注意が必要です。
イーストの影響で胃の内部でパンが膨張するため危険性があります。