愛するペットのために、ペット保険について知ろう

若い頃は健康だったペットも年齢を重ねるうちに各種の病気にかかりやすくなります。
人については健保などの公的制度が整備されているので基本的に3割の負担金を支払えば済みます。
これに対してペットではこのような制度は存在しないので治療費はすべて自己負担、つまり100%支払うことになります。
一回あたりの治療費は大丈夫でも慢性疾患では定期的な診察や治療を継続することが必要になるので相当な経済的出費になる可能性もあります。

ペットとお金このような事態に備えて販売されているのが各社から出ているペット保険になります。
病気になってからその必要性を痛感することが多いものですが、既往症をもっている場合や現在疾患をもっている状況では加入することができません。
しかも加入年齢に制限がついている場合もあり、掛け金も高額になる傾向があります。
そのためペット保険は若いうちに加入するのが一般的です。

しかしどのペット保険に入るべきなのかは、慎重に検討する必要があります。
いざ愛犬などのペットが病気になって利用したときに「こんなはずじゃなかった」なんて事態もありえるのです。
そこでペット保険を選ぶときのポイントをご紹介します。

まず加入条件を確認しておきましょう。
年齢・既往症・現在の病歴、つまりいくつの年齢で今の健康状態と過去の疾患暦などです。
最近ではペットの平均寿命が長期間になり、愛犬も病気を抱えながら長期間経過することもあるので、加入年齢制限が設定されていることが多いです。

そしてペット保険を選ぶときには保障割合と保障限度額です。
6-7割ほどの治療費を負担してくれる場合が多いようですが、100%保障してくれるタイプもあります。

忘れずチェックしたいのはどこまでをカバーする種類の保険なのかです。
手術などだけを保障対象にしているものもあれば、手術と入院をカバーするもの、手術や入院だけでなく通院のための費用も保障対象になっている保険もあります。
動物病院が遠い場合は通院まで保障してくれるほうが心強いですが、掛け金は高くなります。
交通アクセスが発達しているような都市部では保障内容も吟味することで掛け金を安く抑えることも出来るでしょう。

具体的にどのような契約になっているのかは、約款などを確認することが必要ですが、ペット保険の種類や概要などはインターネットなどで比較対照することができます。
契約を検討するならインターネットで候補先をピックアップして掛け金などの概要も事前に知っておけばあなたのペットにぴったりのペット保険が見つかるはずです。