ペットシッターがやってくれることと料金

急な出張や家族旅行や親戚・友人の冠婚葬祭に出席するために、数日にわたって自宅を不在にせざるを得ない場合があります。
飼い主が不在の間のペットの世話を誰に見てもらうのか検討する必要に迫られます。
タイミングよく知人や友人に預けることが出来ればいいですが、多くの場合はペットホテルかペットシッターかのいずれかを選択することになるでしょう。
ペットホテルといえばペットの滞在を専門に扱う宿泊施設のことで、動物病院やトリミングサロンやペットショップなどに併設されている場合もあります。
しかしこれらの施設に預けると環境が激変するので不安定になったり興奮のあまりケガをしたり病気になったりする可能性が否定できません。

ペットシッターの女性神経質なペットをペットホテルに預けるのが不安な場合には、ペットシッターを利用するのがお勧めです。
しかし普段あまり利用することのないサービスなので、何処までの世話を頼むことが出来るのかご存知でない方も少なくないでしょう。
そこでペットシッターの仕事内容や料金などをご紹介します。

ペットシッターは自宅に赴いてペットの世話を行うのが主な仕事です。
食事やトイレの処理・散歩などのサービスを行います。
このサービスを依頼することの最大のメリットは環境が変化しないのでペットがストレスを感じることを最小限にとどめることができる点です。
しかし普段は見たことのないペットシッターに顔を合わせることになるので、その人の個性によっては合わない可能性があります。
神経質で臆病な性格のペットなら、依頼のときに合わない人にあたることがないように、性格の特徴などをしっかり伝える必要があるでしょう。
幸いほとんどの場合に、事前打ち合わせを行うのでシッターの性格やペットに合わないか否かなども確認する機会はあります。

ペットシッターはそれぞれサービス派遣会社に所属しており、1時間単位で業務にあたります。
多頭飼育の場合には追加料金が発生しますが、1時間あたり3000円前後が相場のようです。
ペットシッターになるには特に資格は必要ありませんが、「家庭動物管理士」や「愛玩動物飼育管理士」などの民間資格があるのでこれらの資格を取得していれば安心です。
安心を得たいのであればサービス派遣会社に依頼の際に、有資格者希望などの意思を伝えるべきです。

冠婚葬祭や急な出張や旅行などのときや飼い主がケガや病気の時には便利なペットシッターですが信頼出来る会社に依頼することも大事です。
ペットシッターは「第一種動物取扱業」なので事業所ごとに知事の登録が必須です。
依頼の際にはその登録の有無なども確認すれば、信頼出来る業者を見つけることも出来るでしょう。