ペットの葬儀って?概要を教えます

犬や猫などのペットが亡くなったときは人間同様に火葬を行うことになります。
火葬だけでなく葬儀まで行うことを想定している場合であっても実際にその流れまで把握している飼い主さんは少ないはずです。
ペットになると何か特別に異なった手続きが必要になるのかと考えの方もいらっしゃるでしょう。
葬儀の流れ自体は人間とさほど変わりませんが、火葬方法には違いがあります。
そこでまず葬儀の流れや概要を確認しておきましょう。

ペットの葬儀について説明する女性亡くなったペットはサイズにあったダンボール箱などに新聞紙やタオルなどを敷いた上で、遺体を安置して周囲に保冷剤やドライアイスなどで冷却することである程度いたみを遅らせることができます。
葬儀は民間業者かペットでも対応している寺院などに依頼することになります。
具体的プランはそれぞれの依頼先と打ち合わせることで内容を決定します。
当日には斎場に遺体を持参することになりますが、なかには送迎サービスを行っていることもあるようです。
読教や焼香などは各宗派の方式に準拠して行います。
火葬前にお別れをして、骨を拾って終了となるので基本的概要は人の場合とさほど変わりません。

しかし火葬方法は大きく異なっており、費用にも反映されることになります。
人の葬式の際のイメージに一番近いのは立会い個別方式です。
この方法は個別のペットごとにお見送りをして骨も家族で拾います。
この後は提携霊園などに墓を作って埋葬したり納骨することも可能で、持ち帰って家庭で供養することもできます。

一任個別方式は出棺やお別れなどは家族で行いますが、その後の火葬や骨拾いや納骨などはすべて業者にお任せする方法です。
提携の霊園などに合同で納骨し供養などもすべてお任せになります。

一任合同方式は他家のペットと合同で火葬され骨拾いなどのすべてをスタッフに依頼し、納骨もすべて合同になる訳です。

費用面で比較すれば一任個別方式などに比べて、一任合同方式は最も費用を安く抑えることができます。
時間を確保するのが難しいときには一任合同方式ならすべてを依頼することができるので向いていますが、墓石などを建立して個別に埋葬して供養もしたいときには、遺骨が帰ってこないので向いていません。

具体的に火葬の相場については、7kg程度のペットを前提に施設での火葬で比較すると一番高いのが、家族ごとに見送りを行う一任個別方式で20000円ほど、一任合同方式では13000円ほどが相場になっています。
どの方式を採用するかは費用や供養のスタイルやかけられる時間などによって選択することになるでしょう。